犯罪被害者支援の為のセミナー参加

故あって犯罪被害者支援セミナーに参加した。犯罪被害者の方の講演など。そこでのメモを覚えとしてエントリ。

  • 従来の被害者支援は、捜査目的だった(警察)
  • 医療費負担、生活保護。制度の不備。
  • できるできないではなく誠意のある態度。被害者の立場。
  • プライバシーの考え方。特に加害者のプライバシー。
  • 時効の問題。
  • 犯罪被害者等基本法の成立。民事裁判での住所未記入。加害者の出所日の通知。
  • 裁判では、被害者は証拠品として扱われていた。被害者は物ではない。
  • 行政用語は、判りやすい言葉に置き換える。
  • 犯罪被害者という位置付け。被害にあった人にも悪いところがあるという意識は、誤り。
  • 犯罪のない社会、被害に遭わない努力。
  • 障害。誰も悪くないのに、つい隠してしまう心理。理解していなかった。
  • 2度と戻れない現実。
  • 事件後、被害者は様々な情報が欲しいが、その方法が判らない。
  • 被害者に関心を持つことから始まる。無視する→悪。可哀想な人→×
  • 顔の見える関係づくり。
  • 被害者の言葉を聞いてくれる場所がまず必要。

など。最後に、次のことは特に重要。障害者などにも同じ事が言える。

「頑張れ」という言葉は、「一人で頑張れ」と捉えてしまう心境。けれども「一緒に頑張ろう」という言葉には、励まされる。

果てしなく重い時間を過ごした。

広告を非表示にする