読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

引っ越しはまだまだ終わらない

日常 雑感

取り敢えず単身赴任終えて引っ越しは終わった感があるが、実は一年間留守をしていた間の片付けや長男の進学による一人暮らし開始、その他諸々の片付けが終わってはいない。この際だから、毎日、家中をリセットしようとスクラップアンドビルドを繰り返している。なので、ゴミが出る出る、もの凄い。基本、断捨離の実行、生活をシンプルにすることを目指している。

f:id:tipitu:20140413233336j:plain

軽トラ(ATOKは「けっとら」で変換できないことを発見)を友人から借りて作業開始。まずは、資源ゴミ。新聞紙、雑紙、書籍・雑誌、段ボールを資源回収業者に持ち込む。トイレットペーパー2パック(24ロール)と交換となる。

f:id:tipitu:20140413233354j:plain

リサイクルセンターへの持ち込み1回目。自転車2台、壊れた電化製品、パソコン部品、大型プラ、懐かしいPS2、子供の玩具、灯油缶など。手数料540円。

f:id:tipitu:20140413233415j:plain

リサイクルセンターへの持ち込み2回目。壊れた電化製品、プラマーク無しプラ、空き缶、使えないテントなど。毛布・ホットカーペットラグは、燃えるゴミだそうで持ちかえる。手数料400円。

f:id:tipitu:20140413233433j:plain

燃えるゴミは、別の焼却場へ持ち込み。ござ、毛布、ホットカーペットラグ、抱き枕、竹刀など。竹刀は竹なので、30センチに切らないとダメというので持ちかえり。何だかなあ。手数料100円。

ということで、都合4回の持ち込みでかなり片付いた感じがする。雑庫もスッキリとした。まだまだあるが、順次片付けを進めて断捨離を進める。「片付けは捨てるから始まる」は、ヲレ的には40年前から既に確立している基本方針。想い出は捨てないが思い入れは捨てるよ。