読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

福島民友と読売新聞の号外、被災地の気持ち

日常 雑感 単身赴任

新聞を購読していないのに、偶然、福島民友と読売新聞の号外を手に入れました。

f:id:tipitu:20130908170912j:plain

オリンピックの開催が決まってしまえば受け入れるし、日本人として嬉しい。しかしながら、被災地を出汁に使ったり、事実でないことを国際社会に訴えるのは如何なものか。

具体的には、安倍首相の「(汚染水)状況はコントロールされており、東京に決してダメージは与えない」(←東京だけかよ)、「汚染水による影響は、福島第一原発の港湾内の0.3平方キロメールの範囲内で完全にブロックされている。」(←ブロックしていないって東電が発表しているじゃん)などの発言。

国家元首が国際的な場であれだけ大見得を切り約束をしたのだから、世界中から嘘つきを言われないよう、オリンピックの開催に向けて被災地復興も原発処理(汚染水だけではない)も経済的な発展もスピード感をもって実行してもらいたい。オリンピックのために被災地復興をするのではなく、被災地復興の暁にオリンピックを開催するのが正しいのであって、その辺、発想を逆転してもらいたい。

以上、被災地南相馬市からのレポートです。