読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サテライト鹿島が再オープン、賑わっている

単身赴任 日常

南相馬市は、震災直後から原発事故による避難指示・屋内待機指示、集団避難、自主避難という経過をたどり、7万人以上あった人口は、平成23年3月末には1万人程度となりました。その後、国によって警戒区域、緊急時避難準備区域、特定避難勧奨地点の設定が立て続けにされ、なかなか帰還は促進されず、現在に至っても未だ多くの市民が避難生活を強いられています。

 

そのため、市内の店舗や工場は労働力不足によりなかなか再開・再稼働することができず、私が赴任した今年の4月の時点でも活気という意味ではとても寂しく感じたものです。それはいまでも大きく変わりませんが、それでも少しずつ飲食店の再開もちらほらとみられます。その再開した一つが震災以降閉鎖がされていた「サテライトかしま」、なんと南相馬市には競輪の場外車券売場があるです。6月6日に再オープンしました。

f:id:tipitu:20130701215939j:plain

ということで自主研修・取材を兼ねて、昨日、サテライト鹿島に行ってきました。なかなか立派な施設です。それでもって意外にもたくさんの人がいて驚きました。なかなか賑わいのない南相馬市ですが、パチンコ屋さんやこういった施設ばかりが賑わうってどうよと正直思います。

 

f:id:tipitu:20130701220355j:plain

せっかくなので前橋の8、9レースを少しばかり買ってみましたが、アンテナ修理代を稼ぐことはできませんでした。ガールズケイリンってつまんね、なんて感想を持ちながら、とぼとぼと自宅に戻りました。

 

単身赴任は、今日で4ヶ月目に入りました。いろいろありましたが、心穏やかに過ごしています。