甲州鳥もつ煮、かき揚げサラダ蕎麦

甲斐国に旅行に出たついでに、B級グルメでグランプリを受賞している甲州鳥もつ煮を食べに甲府市へ寄り道。鳥もつ煮は蕎麦屋で出されるもので、甲府の人にとっては、「ラーメン屋の餃子」と同じような存在らしい。

立ち寄った蕎麦屋は、「そば旬菜 奥京 甲府駅前店」、創業明治43年の老舗らしい。場所は、県庁前の一方通行が四方八方に指定されている車のすれ違いも苦労するような路地にある。正直、初めて行くには覚悟がいる所で、しかも駐車場が狭い。

まあ、美味しいね。甘いのだけれどほんの少しの辛みもあるタレで煮込んである。使われるもつは、レバー、砂肝、ハツ、きんかんで、定番の部位。ヲレは、特にハツの堅さときんかんの食感が好きだ。鳥もつ煮丼という品書きを見たが、これ、かなり美味しいと思う。

因みに、ヲレが頼んだ蕎麦は、「かき揚げサラダ蕎麦」(うろ覚え)というもの。たっぷりの野菜とカリカリのかき揚げが美味しかった。蕎麦自体にそれほどの特色はなかったが、相対的に丁寧な料理で好ましい。

広告を非表示にする