勤労感謝の日の誤謬

11月23日、勤労感謝の日。

保育園の子供たちが手作りのお花などを持って職場を訪れ、「一生懸命働いてくれて、ありがとう」なんて画が思い浮かぶが、勤労感謝の日ってどうも違うらしい。

つまり、起源が稲の収穫を感謝する儀礼であった新嘗祭ってことから察すると、

働けることに感謝する。そして、働くことにより収穫や生産がされることを祝う。

んだよね。昨日、某神主さんも言っていたよ。勘違いをしていると。そう言われれば、そうなんだろうね。健康で健全な生活が保たれ働くことができることに感謝するという気持ちであれば、今の現状を幸せであると思えるのかもしれない。というか、そういう思いでなければやりきれない。

広告を非表示にする