読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

 モデル失格

芸能人、芸能界には疎い。そもそも、人の名前、顔を覚えるのが苦手だ。押切もえについても、モデルらしいという以外、何の知識がなかった。未だ、顔を見てもわからないぞー。

この本、新聞の書評欄で褒めてあったので、WAONポイントで購入。いや、思いのほか、集中して読めましたよ。なぜなら、比較の対象としてどうかと思うが、勝間和代本とは違って、嫌みが無く、謙虚であって、もうけ主義を感じさせなかったから。最大の違いは、爽やかで美しいところ・・・当たり前か。

小学館101新書なので、表紙を写しても面白くない。写真集ではないので、写真は最初の数ページだけなので勘違いをしないように。

さて、それにしても、ひたすら前向きであることに感心した。自分の欠点や性格をプラスにして前進する姿勢。帯の言葉にあるが、ほんと、元気が出てくる。以下は、ざっと拾い出したメモ。

  • だめだと決めつけているのは自分だ。
  • 変化しないことをおそれない。
  • やらないで後悔するなら、やって後悔した方がいい。
  • 始めるのに遅すぎることはない。
  • 文句を言う前にベストを尽くしているか、自分に訊いてみる。
  • ここであきらめたら、今までと同じ。
  • 良い言葉は信じていい!
  • 自分に同情するな。自分に同情するのは下劣な人間のすることだ。(『ノルウェイの森』より)
  • あなたが転んでしまったことに関心はない。そこからどう立ち上がるかに関心があるのだ。(リンカーン)
  • 受け止め方一つで、世界は変わる。
  • 「どうせ」という気持ちは、あきらめることで自分を守ろうとしているだけ。逃げの発想をやめる。
  • 今の自分が好きかどうかではなく、昨日より、1年前より、10年前より好きな自分を目指す。
  • きちんとした姿勢を心がける。猫背、脚組み、片足重心を、今すぐやめる。
  • ダイエットするなら、一生続けられるかを基準とする。
  • 失敗したときは、しっかりと落ち込む。(わかったふりをしない)
  • 立ち止まらないと、見えないことがある。
  • チャンスを見極める。チャンスに対して臨戦態勢をとる。
  • 常に負けず嫌いたれ

印刷して、手帳に張っておくかな。