ナイチンゲールの沈黙

チームバチスタの栄光』の海堂尊の作品。登場人物のキャラができあがっているので、後はそのキャラに合わせたストーリを考えるだけで面白くなる。

ナイチンゲールの沈黙

ナイチンゲールの沈黙

そういう意味では、あれだけ個性的な人物を最初に登場させたのは正解である。残念ながらストーリはなかなか事件の核心に近づかず、一体どこを中心にしたいのか曖昧なまま進む。それぞれの展開は面白いのだけれど、一つの小説としてみたときには、一本の筋が通っておらず、読後感はスッキリしない。

広告を非表示にする