読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

吉行淳之介『人口水晶体』の再々読、白内障の手術

書籍 雑感

母親が急遽、白内障の手術をすることになったので、29年前に読んだ吉行淳之介著『人工水晶体』を本棚から引っ張り出して読んでいる。手術の内容の説明を聞いていると、もう卒倒しそうなくらい凄い手術。私がやったレーシック手術以上だな。
Wikipediaで調べてみると、術中・術後の合併症に「水晶体落下(0.1%)」とあるが、どいうこと!もうこれだけで怖い。

f:id:tipitu:20141216221649j:plain

吉行淳之介は物故者であるが、女性関係(吉行淳之介はすごくもてた)以外は何となく通ずるものを感じるのだよね。とくに病気関係。憧れの作家の一人。