読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はてなポイントに苛つきます

Hatenaのサービスは、随分と長い間利用しています。人力検索とか始まった頃からです。ダイアリーは2000年1月から書いて、現在、ブログ日数1546日、投稿数2180記事です。でもね、なんか不満が多いのですね。ダイアリーの切り捨て姿勢とか有料化のシステムの在り方などです。あっ、有料化を否定しているのではありません。相等の対価は仕方がないと思っています。何に不満かと言えば、お客様に利用しやすいシステムを提供する姿勢が欠けていること、システムが安定しないまま放置がされていることでしょうか。

少し書き連ねてみます。私は、ソフトユーザで文系事務職です。理解・知識不足があるかもしれません。それは指摘して下さい。

f:id:tipitu:20130519135716j:plain

 <はてなポイントの自動リチャージ設定>

はてなブログProに移行するにあたって自動リチャージの設定変更をしようかと思ったら(したら)、10000ポイント引かれてしまいました。よく見たら「ポイントを購入して自動リチャージ設定」とありました。酷いシステムです。単純にリチャージの設定変更だけをする方法がわかりません。8000ポイント購入するけどリチャージは3000ポイントという人はいると思います。

どうしてこのシステムを提供することができないのか疑問です。設定変更をするためには購入しなければならないという発想が理解できません。現在、残ポイントが5200ポイントもあるので再度設定ができません。こういう無限ループ的なシステムでいいのでしょうか。

<有効期間は最終利用日から1年>

はてなポイントの有効期限が1年だという記載ですが、最終利用日の定義が書かれていないので不安です。最終利用日が、システムにアクセスした時点なのか、ポイントが最後に使われた時点なのか、最後にポイントを購入した時点なのか、微妙に解釈が異なり現在の残5200ポイントがいつ失われるのか不安です。そもそも、はてなブログProの利用料は1年前払いを選択したので、次に使うのは1年後に決まっているじゃないですか。1年後にこの残5000ポイントが使えるのかどうかが不安です。

 <現金払いでいいじゃないの>

そもそも、なぜポイントに変換してからの利用になるのか理解できません。残念ながら利用者のメリットを見いだせません。前払いにすることによって利用していないポイント分は新たな資金として現金を留保することと同じなので、企業としてのはてなにはメリットがあるかもしれませんが、利用者としては利息もつかないのでメリットがないのです。自動リチャージはクレジット払い、利用分は現金払いでいいのではないでしょうか。利用者に優しいサービス、システムにしてもらいたいものです。

 

ということで、不安なのでAmazonポイントに変換してしまおうかとおもっています。まあ、ここでも200円の手数料が差っ引かれるのですが、全額失うよりいいかな。Hatenaさん、改善を求めます。

<追記(Amazonポイント交換もだめだ・・・)>

Amazonポイントへの交換手数料は5%でした(4000円までは200円)。Amazonポイントへの交換は、なぜか1000円単位しか交換できないので、残5200円ではポイント不足で5000円(交換手数料250ポイント)の交換ができません。したがって4000円を交換(交換手数料200ポイント)し、1000ポイントが残となってしまいました。これ、どうしましょうか。なにやっても不便なポイント制です。