読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

 横浜中華街 東光飯店別館の中華料理

夏に出かけた横浜中華街での昼食。下調べもなく適当に入った狭い路地にある小さな店舗「東光飯店別館」、意外に賑わっていた。ここの人気料理は「東光炒飯」(あんかけチャーハン)らしい。店の前に雑誌の記事が貼ってあった。

比較的細かく刻んだたくさんの具材をあんかけにしたもの。写真では見えないが、炒飯の上に掛かっている。独特の香ばしさとたくさんの具材の食感が絶妙。ボリュームもある。確かにうまい。

こいつは「渡り蟹と生姜と長葱炒めスープ」・・・正式な名称は忘れたが、そんな感じ。生姜と長ネギがなんとも健康的で薬膳料理みたい。渡り蟹はカットしてあるが身をほじくり出して食べるのが大変。基本スープなんで、とても熱いのよね、土鍋に入ってぐつぐつしていたし。

もう一つということで追加して注文したのが「骨付きバラ肉揚げ(塩味)」、見るからにうまそうじゃないか。充分な味が付いているが、これに塩をちょっと付けて食べると、これまた美味しい。写真では判りにくいが骨付き。

「お冷や(水)を下さい」と言ったら、こんなに注いでくれた。嫌みなのか単に過剰だけなのか判らないが、かの国らしいサービス。見栄えとか世間体とかそんなの関係ねー、みたいな。