読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

 サツキとメイの家 (10) ジオラマ風にしてみた

ペーパークラフト サツキとメイの家

サツキとメイの家は、既に完成していたのだけれど、これだけではつまらないので、ジオラマ風にしてみた。

これは、キットの素組したもの。作ることは楽しかったけれども、あまりにも素っ気ない。さて、どうしようか。

ジオラマって作ったことがないのでどうしてよいかわからない。取り敢えずベースにコルクボードを選んでみた。なんとなく土っぽい色で手軽なので。100円ショップで購入。サイズは、20cm×13センチくらいか。

建物を置く位置に、その形状の紙を貼り付ける。複雑な形だな。周りも1センチ程度の枠取りのため、紙テープでマスキングをする。

ここからが全く素人。簡易的にやるので、Scotchのスプレーのりを吹いて、Tomixのカラーパウダーを散らす。土色としてライトブラウン、低草の雰囲気を出すために、ライトグリーン(ミックス)を選択。土色は、コルクボードとほぼ同じ色になってしまった。壁の色と比較してこのくらいかなと思ったのだが、所詮素人。

マスキングを剥がして、建物を貼り付ける。今ひとつ、インパクトがないなあ。カラーパウダー、遠慮しすぎか。

ということで、再度、カラーパウダーを厚めに散らして、暗緑色のコースターフも付けてみる。雑草が生えているように見えるだろうか。なぜかリアカーに石を積んでいる感じに。これも100円ショップで購入したカラーゼオライト(小粒)を使用。採石場で採れるような石みたい。

洋館と玄関。自転車が立てかけてある。洋館の壁は、古さを演出してみたが、今ひとつ。初めてなのでこんなものかもしれない。赤い屋根もエイジングをしてある。

井戸とリアカーのアップ画。井戸のポンプは本当に小さかった。奥の濡れ縁から井戸まで、飛び石を置いてみた。

洋館正面と縁側。映画では錆び錆びのパーゴラらしいので、錆のイメージだったのだが単に汚い家になってしまった。椰子の木は、ペーパークラフトのキットにあったもの。

真上からの画、完成度の高いキットだと思う。とても素材が紙のペーパークラフトだとは思えない。

屋根にネコバスを載せてみた。こんな感じかなあ。奇しくも7月13日の金曜ロードSHOW!は「となりのトトロ」なので見てみようか。

ジオラマ風に仕上げてみたけれども、面白いね。お金を掛ければもっといろいろな演出が可能。例えば、川を作ったりLED照明で屋内を点灯させたり。まあ、多分、今回が最初で最後になると思われるが、いい経験だった。自分に、お疲れ様でしたですよ。