陽気なギャングの日常と襲撃

前作『陽気なギャングが地球を回す』以上につまらなかった。そもそもこの小説は、短編で書かれたものをつなぎ合わせて長編に再編したものらしく、全体のプロットに統一感がない。伊坂幸太郎らしい綿密な仕組み、仕掛けがないのだ。とってつけたような会話もこうなるとつまらないだけ。

前作もそうだが、ストーリ的緊張感がない理由としては、銀行強盗とかの話なのにそれらを捕まえる側の警察がまったく出てこないからではないか。いくらなんでもそう簡単にいかないぞと素人でも思ってしまう。これは安っぽさに繋がるね。伊坂小説らしい読者を唸らせる含みがない。

まあ、完全はあり得ない話しであるので、これからも伊坂幸太郎は読み続ける。

広告を非表示にする