陽気なギャングが地球を回す

銀行強盗が出くわすタイプの小説としては、先月亡くなった桑原譲太郎『アウトローは静かに騒ぐ』という傑作があるが、うーん、残念ながらこれは超えていないなあ。読み終わってみればまったく違う展開で比較にはならないのだけれど。

楽しそうな表紙デザインが小説のイメージどおり。

この小説もいろいろと仕掛けがあって楽しめるが、でも今ひとつ押しが足りないというか結末が定例的というか消化不良なんだな。伊坂小説にしては、先が読める展開でちょっと残念。

続編も購入済なんで、これに期待する。

広告を非表示にする