ちょんまげぷりん

浅田次郎著『壬生義士伝』に感動して読み始めた割には、ちょー軽い。でも、物語としては面白くて、あっという間に読了。

展開としては、以前からある定番パターンで驚きはない。表紙が目立つ、タイトルと表紙デザインの勝利。でもこれ、映像も楽しいかもしれない、後日、観てみよう。ちょっと安兵衛役がイケメン過ぎるけれども錦戸亮って誰だ。んっ?ヲレが「せきじゃに」って言って笑われた奴か。まっいいや。

ちょんまげぷりん [DVD]

ちょんまげぷりん [DVD]

小説自体は、あれこれ評価する(良いとか悪いとか)ほどの書籍ではない。楽しめればいいなという軽いノリで読んでみるといい。漫画みたいなもの。くだらないお笑い番組を見ているよりも、活字を追う分、ためになると思う。実は、早速『ちょんまげぷりん2』も注文してしまった。新品を買うほどのことはないだろうから、中古本で。許して(赤貧なので)。

広告を非表示にする