白夜街道

『曙光の街』の続編。相変わらず、漫画みたいな展開でつまらない。「アクション・ノヴェルの傑作」と表現する根拠が見いだせない。

シリーズとしてもう一冊あるが、もう読まない。小説を読むことの楽しみが感じられないシリーズ。ヲレの人生、もう短い。浅田次郎著『壬生義士伝』を読んでいる最中なので、そのギャップが激しい。もう読まない。金が余っていても読んではいけない小説。

広告を非表示にする