そんなこといいのに

山梨県は鳴沢風穴。洞内は0度という涼しさ、感動的だ。

入り口にある注意書き。段ボールに書かれたものだが、とてもいい。洞内は水に濡れ、場所によっては凍結していたり、長い間の水の流れによりツルツルの状態。大人でもかなり慎重に進む。「赤ちゃんも歩けないお子様も入洞できない」はいたしかたない。

出口に表示されてた段ボール看板。これもわかりやすい。売店のおばちゃんに「天然の氷ではないじゃないか」と文句を言う人が多かったのだね。力が入っていない画と文字が読む気を起こす。これがワープロの字だったら、うーん、読まないかな。

よーく見ると、「文章は中卒のここの担当者が書いています。文才がないのでごめんなさい」の断りの言葉。もー、そんなこといいのに。大卒の書いた文章がわかりやすいとは限らないし、大卒の描いた絵が面白い、味があるとは限らない。

広告を非表示にする