SPEED

ザ・ゾンビーズ・シリーズの第3弾、待ちに待った文庫化。文庫本をAmazonで予約で購入したのは初めてだ。

ストーリは、どこかで読んだような展開(『フライ、ダディ、フライ』ね)で新鮮味がないが、シリーズものでもあり、安心して、小気味よく、無条件に楽しめる。相変わらず、ザ・ゾンビーズの面々、誰もが魅力的に描かれている。読後感がすばらしく良い。

金城一紀は、もっともっと沢山の作品を書いてもらいたい作家の一人。次の作品にも大いに期待したい。

広告を非表示にする