月光

徳間文庫版。読後の後味、非常に悪い。

涼子が羽田に対する恋愛感情を抱いた経緯が不明。理解できない。全体的に理不尽なところばかり目立つが、それでも最後まで一気に読ませる筆力はさすが誉田哲也だ。

月光 (徳間文庫)

月光 (徳間文庫)

小説の内容とは関係ないが、最近の文庫本には解説が付かないのか。文庫本で読むメリットには、安い、手軽、持ち運びが楽などのほかに、著者や小説の背景などの解説が読めるということがあったのだが、この『月光』にはそれがない。なんか寂しい。

広告を非表示にする