公務員クビ!論

ただの公務員叩きではないところが読む気を起こすところ。公務員の実態はこの辺だよなあと実感できる内容である。

公務員クビ!論  (朝日新書)

公務員クビ!論 (朝日新書)

この本を読むと、まったくご苦労様ですよと言いたくなるが、今の世の中、そうそう都合の良い仕事はないんだよね。特に公務員の場合は、旧態然とした制度疲労の激しい分野であって、努力とかそういうものではないところで疲弊している。

官と民が一丸とならないとどうにも脱出できないこの世の中。いいのかよこれでとマジに感じる。トヨタがダメ、民主党もダメ、アメリカもダメ。もうダメダメの行列ですよ。いずれにしろ、安易な公務員志望の学生は事前に読んでおいた方が良いだろう。公務員になるにもそれなりの覚悟が必要だということ。理解と覚悟の上でないと、やっていけない公務員の世界になってしまっている。

広告を非表示にする