そうだ、京都に行こう(二日目)

京都、二日目。ふくらはぎが筋肉痛。以下、箇条書きで覚え。

  • 満月の『阿闍梨餅』を買いに行くが、直前で売り切れになる。まだ10時前だよ。京都駅の伊勢丹にあるというので、10時の開店を待ち、デパ地下に走る。わーっと他の客も殺到し、あっという間に行列。阿闍梨餅、恐るべし。
  • 一緒に行った人が門徒だったので、歩いて東本願寺へ。でかい。
  • 東本願寺の建物。これはあまりにも近代的過ぎないかい!と疑問を持つ。境内案内図を見ると、阿弥陀堂らしい。

  • で、中に入ってみると、なんと修復中だった。この近代的な建物は、阿弥陀堂を修復するための仮設の養生か。すご過ぎる。宗教、恐るべし。

  • 三連休に入ったので、激しい渋滞とあふれかえる観光客を避けて、市内から大原へ移動。
  • 大原の駐車場は、もっとも奥の所へ。慌てて手前の駐車場に置くと、かなりの距離を歩かなければならない。面白いことに、奥の方が駐車料金が安い。
  • 三千院、紅葉が見事。抹茶を嗜む。

  • 宝泉院、庭園が見事。ここでも抹茶。ガボガボになる。
  • 十割蕎麦を食べる。美味しいなあ。幸せだなあ。
  • 途中峠経由で琵琶湖の方に抜けて、新名神から伊勢湾岸道経由で帰宅。
  • 昨年、開通した新名神は走りやすくて便利。あっというまに亀山まで。民主党ではこういう道路はできないだろうな。350キロほど走行して高速代は1050円。安い。

慌ただしい旅行だったが、自宅から4時間、京都は意外に近いなあと感じる。

京都に行ったら、一度M乗りたいと思っていたがMKタクシー。3度の利用したタクシーの内、一度はMKタクシーだったけど、どのタクシーも親切で丁寧でサービス精神旺盛。お客を気持ちよくさせてくれるのは、MKタクシーだけではない。最もきっかけは、MKタクシーかもしれないが。

広告を非表示にする