NHKの昼のニュースをテレビとラジオで同時に視る聴く

我が社の職場には古いアナログテレビがあって、ヲレはお昼のNHKニュースを見ながら昼食を摂る。ところが、レーシックで視力回復したため映像はよく見えるが、アナウンサーの音声が聞き取りにくい。まあ、テロップと映像でおおよその内容は想像がつくので、これで良しとしていた。

ところが、最近、ヲレの席よりもっと後ろの人が、同時刻にラジオを聞き始めた。NHKニュースだ。で、気がついた。

テレビの映像とラジオの音声がぴったり一致する。

これは凄い。

注意して聞いていると、テレビのアナウンサーの原稿とラジオのアナウンサーの原稿は、ほとんど同じだが、違う部分がある。それは、映像がない分、補足的に解説する場合と、現場からの中継(録画)の補完説明だ。

それぞれのアナウンサーの読むスピードとニュース(記事)が切り替わるタイミングがほとんどぴったりで、見事。ラジオのアナウンサーはテレビの映像を見ながら喋っているのではないかと勘ぐりたくなるほどだ。最後の締めの言葉までぴったし。最初は、テレビのアナウンサーの声をラジオで流しているのかと思った。いやー、感動ですよ。

一度、お試しあれ。

広告を非表示にする