恋文の技術

書簡の体裁で成り立っている小説であるが、書簡として文章に違和感が感じられ、感情移入できない。これでもかというくらいしつこく出てくる軽口も激しくくだらない。全体が安っぽくなってしまっている。

恋文の技術

恋文の技術

あまりにもつまらないので、読んでいてイライラする。久々に読んだ面白くない小説。

広告を非表示にする