読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

 情報は一冊のノートにまとめなさい

書籍 lifehacks

書店の平棚にいつも積み上げてあるのを見ていたが、買う気が起こらずそのままになっていた本。先日ブックオフで安く売っていたので、思わず購入。定価で買わなくて良かったよ。

情報は1冊のノートにまとめなさい 100円でつくる万能「情報整理ノート」 (Nanaブックス)

情報は1冊のノートにまとめなさい 100円でつくる万能「情報整理ノート」 (Nanaブックス)

  • 作者: 奥野宣之
  • 出版社/メーカー: ナナ・コーポレート・コミュニケーション
  • 発売日: 2008/03/12
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • 購入: 28人 クリック: 855回
  • この商品を含むブログ (377件) を見る

しかし、どうしてこの本がこんなに売れたのか不思議だ。安価で手に入れやすい100円ノートを使うという部分を除き、情報の集中と単純化、パソコンでの索引など、どれも語り尽くされたことではないか。読んでいて新鮮味がなかった。

考え方として同じような系統だが、ヲレもちょっと実践している樋口武雄氏のアイデアマラソンの方がもっとシンプルで実用的な気がする。

また、パソコンでのテキストファイルで作成する索引についても、例えば山根一眞氏をはじめ多くの人が随分前から提唱しているし、ヲレも方法として効果的だと思うが、そもそもパソコンと100円ノートが同じ場所にないため検索ができるだけで参照ができないのではないかと疑問を持つ。整理法としては有効でも、活用法としては瑕疵があると思う。

結局のところ、帯にあるように「なるほど、一元化すればうまくいくのか!」なんて感動する人は、情報整理の原則が判っていない人であって、この本はそういった原則を再度整理し直しただけではないか。くどいが目新しいものではないということ。

※関連記事