uni三菱鉛筆"クルトガ"

Amazondでも他のネットショップでも売り切れ続出のuni三菱鉛筆クルトガ(KURU TOGA)を購入しました。0.5mmの軸ブルーと0.3mmの軸シルバーです。中学生になった息子にも買ってあげました。1本450円です。

クルトガは、「芯が回ってトガりつづける」シャープペンシルです。通常、シャープペンシルで書き続けると、芯の片方だけが平らに削れるので、だんだんと線が太く、色が薄くなってきます。これを防ぐには、時々軸を持ち替えて違う面(角)で書かなければなりません。

クルトガは、筆圧で芯が出たままの状態で、芯が上下しながら回るので均一に芯の先が削れていくという驚くべき機構となっています。

詳細はこちら。

動画が判りやすいです。

芯が本当に回転しているかを確認するためのマークも入っていて、親切設計です。写真中央のオレンジ中に白のマークが印です。よく見ると白いかみ合わせの部分(ギア)が付いていて、1画で約9度回転し、40画で1周します。

使い心地は不思議な書き味で、私の筆圧と字のサイズからすると0.3mmの芯の方が合っています。ちょっとしたコツとしては、1画1画しっかり書く感覚があった方が良いような気がします。

広告を非表示にする