読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

 お酒は飲みません

lifehacks 日常

土曜日には地元の壮年たちと、日曜日には親族で、今日は仕事関係者と懇親会。さすがに胃がもたれるのだよ。

ちなみにヲレはアルコールは摂取しない。そもそも飲めない。行きつけの飲み屋ではなく総合病院のカルテには、「アルコール綿 不可」と記載してある。注射などの前に施術される消毒だ。ウイスキーボンボン(←死語)でも酔うことができるほど、お安い体質なのだ。

飲まないことの効用

  • 美味しい料理を食べることができる。お酒を飲まない分、どんどこ料理は注文する。
  • 思わず本音が聞くことができる
  • 宴席での話が無駄とは思わない。本音と理想が交錯する。裏話もでる。有益な話を自分のものにする機会である。その場で、ロディアを出してメモしたくなる話題もあるのだが、宴席でそんなことをすればしらけるので我慢する。
  • 自家用車で自宅に帰ることができる(代行やタクシーと比べ安い、早い)
  • 自宅に戻って、失われた時間をいくらかでも取り戻すことができる(このブログへのエントリくらいは可能だ)。
  • 頭が痛くならない。
  • 同居人や子供たちに嫌われない
  • 自宅に帰っても本を読むことができる程度の気力は残っている。
  • 肝臓に優しい

などなど。そして、一番の効用は、

  • 思考が途切れない

ことだ。ちなみに、マイナス効用を簡単にあげてみると、

  • 料理を食べ過ぎてメタボ
  • ついて行けないノリは、苦痛だ。
  • くだを巻き始める輩がいる宴席は、拷問だ。
  • 酔っぱらいの議論は、明後日の方向に進む。議論にならない空虚な時間が無駄だ。
  • 説教されたり・・・

お酒を飲まなくても、だいたいが楽しく過ごすのだが、時々はこんなこともある。飲まない自分が悪いのか、そんな場にいる自分が悪いのか、理不尽な立場に置かれるヲレが情けなくなる時がある。